最新ニュース(外部)

最新ニュース(外部)

【AKBG】識者「AKBはIZ*ONEにトドメを刺された。K-POPというパンドラの箱を開けてしまった」

1: 47の素敵な 2019/03/21(木) 07:43:11.73
総選挙中止から見るAKB48の曲がり角──AKB商法の機能不全、「パンドラの箱」だったK-POP進出
https://news.yahoo.co.jp/byline/soichiromatsutani/20190321-00119018/

次に指摘するのは、K-POPの影響だ。具体的にはサバイバル番組『PRODUCE 48』の余波である。

 かねてから秋元康は、「K-POPがプロ野球だとしたら、AKB48は高校野球」といった趣旨の発言を各所で繰り返してきた
(たとえば、秋元康×田原総一朗『AKB48の戦略! 秋元康の仕事術』2013年/アスコム等)。
これは決して卑下ではなく、AKB48のコンセプトはまさにここにある。

 AKB48にはパフォーマーとしての高い技術は求められない。
その目標地点はけっして「完成」ではなく、発展途上のなか一生懸命にがんばることこそが重視される。
ファンもその姿を見て応援をし、握手会に行って声をかけ、総選挙で投票をする。

 だが、秋元康は「パンドラの箱」を開けてしまう。

 昨年、AKB48グループのメンバー39人が、K-POPグループとしてのデビューをかけた韓国・Mnetの番組『PRODUCE 48』(2018年6月15日~8月31日放送)に挑戦したからだ。

 秋元も認めていたとおり、K-POPはプロ野球の世界だ。
評価の基準はあくまでも音楽であり、歌やダンスの能力がメンバーには求められる。
よって、K-POPに精通している者にとっては、「未完成」であることを前提としていたAKB48グループの面々が惨敗する可能性は十分に予想されていた。

 実際、その通りとなった。
番組の前半では、48グループのメンバーがことごとくそのパフォーマンスが酷評され、番組2回目の段階で早くも3人が離脱した。
そして、昨年AKB48総選挙で1位となった松井珠理奈も苦戦し、視聴者投票の順位を落とし続けたあげく、
体調不良を理由に降板した(なお、この番組の収録途中に総選挙はおこなわれた)。

VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:—-: EXT was configured

2: 47の素敵な 2019/03/21(木) 07:44:17.92
その過程では、AKB48の運営体制も明るみとなった。
番組当初、まだデビューもしていない韓国の練習生たちが優れた歌唱力とダンスを見せるなかで、メンバーの幾人がこうつぶやいた。

武藤十夢「うちら、1ヵ月とかで(ステージに)出てるよね」

篠崎彩奈「ボイトレなんて、一回もしたことないし(略)研究生が基礎練習やるわけでもないじゃん。先生がいるわけじゃなくて、自分たちでやるし」

小嶋真子「先輩を見よう見まねでやってた」

出典:Mnet『PRODUCE 48』第1回/2018年6月15日

 何気なく発せられたその言葉から見えてきたことは、AKB48のメンバーがこれまでまともなトレーニングを受けていない実態だ。
AKB48の前提とされる「未完成」は、メンバーたちが望むかどうかはべつにして、なかば必然的に生じていたわけである。
3: 47の素敵な 2019/03/21(木) 07:45:49.22
IZ*ONEは、昨年10月に韓国でデビューし、今年2月には日本でデビューした。
9人中3人が日本出身者で占められるTWICEのように、日韓混成のグループが誕生したのである。

 韓国デビュー曲の「La Vie en Rose」は、予想どおり大ヒットした。その内容も、グローバル水準に十分に対応した、非常に洗練されたミドルテンポのEDM寄りポップスだ。

 それに対し、秋元の作詞と日本の制作陣が創った日本デビュー曲「好きと言わせたい」は、
ひと昔前のシンセサウンドと単調なリズム、サビも合唱というAKB48や坂道グループの枠を出るものではなかった。
加えて、ラップ担当のメンバー(チェ・イェナ)がいるにもかかわらず、ラップパートもない。

 YouTubeを通じてグローバル基準で音楽に接してきたK-POPファンからは、案の定、「好きと言わせたい」は酷評された。
反応としては「ダサい」というものが目立った。
それを単に日韓の「アイドル」観の違いと、それによる市場適応の結果と片付けてしまうことはできない。
なぜなら、現在の音楽はYouTubeを通じてグローバルに流通しているからだ。
5: 47の素敵な 2019/03/21(木) 07:47:25.07
この10年間、AKB48は日本の芸能界の中心にある存在だった。
それほどの長い期間、一線に居続けること自体はきわめてレアであり、日本のポップカルチャーに大きな足跡を残したのは間違いない。
そしてそれは、秋元康が筆頭となって入念に構築されたAKB48のシステムによるものだった。

 だが、いま生じつつあるのは、この従来のシステムの機能不全だ。
オリコンランキング(CD販売)を使った人気の水増しは機能しなくなり、
軽視していた音楽やパフォーマンスもK-POPによって相対化された。
総選挙の人気低落もこうした制度疲労の結果として生じ、さらにそこへNGT48メンバーの暴行被害事件が大きなダメージとなった。

 そうしたAKB48が今後どうなるかはわからない。
ただ、ひとつ指摘できるのは、おそらくそう簡単に終わらないことだ。
AKB48を運営するAKS社は、かなり大きな規模の芸能プロダクション・製作会社となっている。
また、各地に根をおろしたグループには、STU48のようにスタートしたばかりのものもある。
6: 47の素敵な 2019/03/21(木) 07:48:16.77
それを踏まえると、考えられうるのは現状のAKB48を変えていく以外に道はない。

 ただ、その先行きはきわめて不透明だ。
小劇場の公演や握手会を中心に国内のCD販売に依存し続けた結果、グローバル対応できる楽曲制作の体制はまったく整っていない。
それにいまから手を出しても数年はかかる。システムだけを小手先で変えても、多くの若者は本格派のK-POPに心を奪われている。

 窮地に追い込まれつつあるAKB48が次にどのような一手を打つか──
それによって、日本のポップカルチャーは大きな変動をする可能性がある。
15: 47の素敵な 2019/03/21(木) 07:54:46.98
まためちゃくちゃネガティブな記事が目立ってしまったか
69: 47の素敵な 2019/03/21(木) 08:14:15.34
これは的確な批判だな
79: 47の素敵な 2019/03/21(木) 08:17:24.64
後追いするからこうなる
80: 47の素敵な 2019/03/21(木) 08:17:45.23
まぁラビアンローズのあとに好きと言わせたい聞いたら
誰でもダサイと思うわなw
95: 47の素敵な 2019/03/21(木) 08:21:57.77
なんか全部読んでたら今のAKBの衰退の原因を色々履き違えてるようで的確ではないような気がするんだが。
121: 47の素敵な 2019/03/21(木) 08:28:30.17
早朝目が覚めてたまたまこの記事読んだけど微妙に的外れな内容だよな
でも知らない人が読んだらそうなんだって思ってしまうと思う
123: 47の素敵な 2019/03/21(木) 08:28:34.44
K-POPみたいにデビューまでお金掛けても売れなかったり、スキャンダルでダメになったら投資回収出来ない
その点AKBは投資に費用掛けてないしスキャンダルあっても卒業させればそんなにダメージ無いし
やっぱり韓国よりも日本の方がシステム的に優れてる
801: 47の素敵な 2019/03/21(木) 11:51:31.31
まあ・・・実際問題AKBでも坂道でも曲を結構聴くんだけど、
曲調として、「昔懐かしいディスコサウンド」だとか「80年代を彷彿とさせる曲」だとか
うーん・・・と思ってた所は実際あったんだけどね、何というか、古臭いというか
243: 47の素敵な 2019/03/21(木) 09:06:52.94
こんなことより大事なことはAKBは終わりだと報じられてること
548: 47の素敵な 2019/03/21(木) 10:33:33.72
アイドルとアーティストの違いやな

まとめのまとめ

最新ニュース(外部)

最新ニュース(外部)

『【AKBG】識者「AKBはIZ*ONEにトドメを刺された。K-POPというパンドラの箱を開けてしまった」』へのコメント

  1. 1: 名無しさん ID:MjExYTA5

    >>123
    ヲタクも金儲けしか考えてない。そりゃ終わるわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)